作品概要

日曜日》は、画家のエドワード・ホッパーによって描かれた作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

ホッパーは20世紀アメリカの具象絵画を代表する1人です。

彼の描きだす風景や人々は、ありふれたものでありながら、孤独の影とそれぞれのドラマが背後にあります。都会の街路、オフィス、劇場、ガソリンスタンド、灯台、田舎家などアメリカ人には見慣れた都市や郊外の風景を、単純化された構図と色彩、大胆な明度対比、強調された輪郭線で描く彼の作品は今日のアメリカでも高い人気をもっています。

閉店した店の前で、独りタバコをくわえて座りこむ男の姿。閉ざされた店の窓の大きな暗がり。本作品では現代人の孤独感とともに、大恐慌前のアメリカの心理的緊張がうまく表されています。

基本情報・編集情報

  • 画家エドワード・ホッパー
  • 作品名日曜日
  • 制作年不明-不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 日曜日の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。