作品概要

嘆きの聖母》は、画家のアントニオ・ヴァッシラッキによって制作された作品。制作年は?年から?年で、サン・フランチェスコ・デッラ・ヴィーニャ教会に所蔵されている。

詳細な画像を見る

作品

《嘆きの聖母》はヴェネチアのサン・フランチェスコ・デッラ・ヴィーニャ教会内のプリウリ礼拝堂右側壁に掲げられている。

主題

嘆きの聖母(Mater Dolorosa)、七つの御苦しみの聖母などと呼ばれるのは、聖母マリアの人生で悲しみに関係するシーンの名前であり、カトリック教芸術で聖母マリアを表現するに当たってキーとなる題材である。また悲しみの状態にある聖母マリアを表現する主に三つのテーマがあり、Mater Dorolosaの他に、Stabat Mater(磔になった子キリストを嘆く聖母マリア)、Pietà(磔刑にて死したキリストを嘆く聖母マリア)がある。

作者

ヴァッシラッキは、1584年から『ヴェネチアの画家組合』のメンバー、1600年にはヴェネチアで活発な外国人のコミュニティ『ギリシャ人の聖ニコラ組合』のメンバーとして登録されている。
1591年『商人組合』と契約を結び、ヴェネチアのサン・ジョバンニ・エレモシナリオ教会、サン・アンジェロ・ラファエレ 教会、サン・ザッカーリア教会などに作品を描いた。

教会

サン・フランチェスコ・デッラ・ヴィーニャ教会は、ヴェニスに二つあるフランシスコ会教会の一つである。カステッロ地区にあり、アルセナーレ(中世の造船所跡)に近い。教会の名前は、昔あった葡萄畑(vigna)に由来する。1037年、この場所に最初に建てられた教会は、メーソンリー(組積造、石、レンガなどを積み上げて建築する方法)で建てられた初期の教会のひとつであった。1253年、この地が寄付され、ゴシック様式の僧院が建設された。15世紀にはフランシスコ派の僧たちと、近くにするドージェ(元首)一族の要望により改修が行われた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家アントニオ・ヴァッシラッキ
  • 作品名嘆きの聖母
  • 英語名Madonna in Sorrow
  • 分類絵画
  • 制作年?年 - ?年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵サン・フランチェスコ・デッラ・ヴィーニャ教会 (イタリア)
  • 種類油絵
  • 高さ?cm
  • 横幅?cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 嘆きの聖母の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。