作品概要

思考のための死》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1915年から1915年。

詳細な画像を見る

《思考のための死》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーにより1915年に制作された作品である。

白黒で描かれた作品

クレー作品は色に富んでいるものが多いが、この作品は例外であり、白黒で描かれている。これにより、モノクロ写真と似た効果が得られている。

描かれている図像はその効果をさらに強烈なものにしている。遠い過去に打ち捨てられたような建物の中に、うつ伏せの人物が一人で横たわっている。ここには生命がない。日の光も届かないのであろう。

白黒で描かれているものの、影は描かれていない。すべてが硬質で深みがない。人物以外のほとんどすべてが画面の表面に存在しているかのようである。倒れている人物を見ることにより、鑑賞者は彼の痛みを強く感じる。

クレーは水彩の使用を好み多くの作品で用いたが、本作では使用せず、ペンとインクのリトグラフを使用してテーマを探求した。印刷メーカーでの彼の経験がここに示されている。

友人の死

損失と悲しみは耐えがたいものである。クレーは表現主義者としての技術を使用し、愛する人を失うことによって引き起こされる感情を探求した。ペンとインクのリトグラフは、友人が亡くなった後に完成した他のいくつかの作品においても使用された。

これらの友人は、ドイツの表現主義者アウグスト・マッケとドイツの版画家、芸術家フランツ・マルクであった。彼らの死はクレーに多大な影響を与え、その間に制作された作品の多くはペンとインクのリトグラフを使用したものになっている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名思考のための死
  • 英語名Death for the Idea
  • 分類絵画
  • 制作年1915年 - 1915年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵不明
  • 種類リトグラフ
  • 高さ23.7cm
  • 横幅15.8cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 思考のための死の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。