作品概要

ケトルドラム奏者》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1940年から1940年で、パウル・クレー・センターに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ケトルドラム奏者》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーによって1940年に制作された作品である。パウル・クレー・センターに所蔵されている。

象徴主義の傑作

クレーが晩年期に描いた最後の作品の一つである本作は、ドラムをモチーフとして探求した少なくとも五つの作品の集大成である。ケトルドラムは死の視覚的な隠喩として機能し、モーツァルトが死の床で未完成のままにしていたレクイエムの役割を思い起こさせる。

この作品でクレーは非常に表現力の高い象徴主義を実現してみせた。この作品は二本の腕のみで構成されており、一本の腕は円に囲まれた目に繋がれ、もう一本の腕は感嘆符のように空間で隔離されている。画家の以前のモチーフであった単色のバリエーションとは異なり、本作では大まかな赤に太い黒線を組み合わせている。2つの赤い色の部分(マゼンタと朱色)は劇的な強調を加えている。それらはドラムロールを視覚的に表現しているといえる。

画面上部にあるフェルマータ(一時停止を示す音楽記号)を模したような不思議な目は、鑑賞者をじっと見据えている。

闘病の中描かれた作品

1937年7月8日、クレーの健康状態が悪化していたとき、妻であるリリーは美術評論家ウィル・グローマンに次のように書いている。「彼は夜11時まで起きており、絵は次から次へと床に落とされています。」

この作品の制作に関連して、グローマンはクレーの「ド​​ラムを叩いているように興奮していた」という発言を思い返している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名ケトルドラム奏者
  • 英語名Kettledrummer
  • 分類絵画
  • 制作年1940年 - 1940年
  • 製作国スイス
  • 所蔵パウル・クレー・センター (スイス)
  • 種類ペーストカラー、紙
  • 高さ34cm
  • 横幅21cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ケトルドラム奏者の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。