作品概要

ワルプルギスの夜》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1935年から1935年で、テート・モダンに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《ワルプルギスの夜》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーにより1935年に制作された作品である。テート・モダンに所蔵されている。

さまざまな画家へ与えた影響

スイス出身、ドイツ国籍を持つ画家、版画家であるパウル・クレーは、もともとドイツの表現主義のグループ、「青騎士」に属していた。20世紀後半の大部分において、画家や芸術運動はパウル・クレーの影響を受けたと言ってよい。クレーの多様な作品体系は、単一の芸術的運動、すなわち「派」に従って分類することはできない。彼の縞模様の風景と魔方陣は、マレーヴィチと構成主義に影響を与えた。クレーの残した膨大な量の作品と教えは、絵画そのものだけでなく、神秘的な主題や創造性についての教育理論においても、現代美術の発展に大きな影響を与えた。

亡命中の作品

1930年代、ナチス政権が台頭する中、クレーは「退廃芸術」に対する彼らの弾圧の標的となり、その結果100点以上の作品がドイツの博物館やコレクションから没収された。1933年、クレーはバウハウスの教職を失ってスイスに亡命し、そこで病気になり1940年に死去した。

《ワルプルギスの夜》は、冬から春への季節の変わり目である5月1日の前夜に行われる行事であり、さまざまな芸術のモチーフ、主題ともなっている。民俗的伝統においては、ハルツ山地の最高峰であるブロッケン山に魔女が集まり、悪を防ぐための儀式を行った。クレーの息子のフェリックスによると、そうした伝説が彼の作品に強い影響を及ぼしたという。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名ワルプルギスの夜
  • 英語名Walpurgis Night
  • 分類絵画
  • 制作年1935年 - 1935年
  • 製作国スイス
  • 所蔵テート・モダン (イギリス)
  • 種類ガッシュ
  • 高さ50.8cm
  • 横幅47cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • ワルプルギスの夜の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。