作品概要

目標を前にした矢》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1921年から1921年で、ニューヨーク近代美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《目標を前にした矢》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーにより1921年に制作された作品である。ニューヨーク近代美術館に所蔵されている。

写実主義の採用

抽象化を好んだクレーは、多くの場合、三角形などの幾何学的な形と矢印などを組み合わせた。本作においては、クレーは彼の現代的なスタイルをわずかに異なる方法で使用している。矢印の一般的な形状が使われているが、実際にクレーは作品に写実主義の要素を取り入れている。

この作品では、2匹の空飛ぶ昆虫が主題として描かれている。クレーはこの作品を見る鑑賞者に対して主題を主張するため、区別できない形式に頼ることはしていない。

クレーは水彩絵の具の使用を好んだが、この作品ではいくつかの媒体を用いた。これは、彼のお気に入りの水彩顔料と同様に、油絵具を使用して完成された。絵の具は紙に対して他の素材とは異なる反応を示すため、独特の風合いを出すことに成功している。

戦争が変えたもの

主題はやや幻想的であり、鑑賞者は空飛ぶ生き物の種類が完全にはわからない。背景全体には岩の多い風景のような空間があるが、これは淡いピンク色の使用で補強されている。

戦争はクレーの芸術を変えた。彼は1920年代以前に多くのアイデアを探求したが、戦争が近づき、社会がより広く深い形で影響を受けたことにより、彼はキュビズムと抽象芸術をより深く探求することになった。1921年に完成した本作は、写実主義の採用という点において《夜の花》に見られるものと似ている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名目標を前にした矢
  • 英語名The Arrow before the Target
  • 分類絵画
  • 制作年1921年 - 1921年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵ニューヨーク近代美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩転写、水彩、紙
  • 高さ23.8cm
  • 横幅31.8cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 目標を前にした矢の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。