作品概要

高架橋の革命》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1937年から1937年で、ハンブルク美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《高架橋の革命》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーによって1927年に制作された作品である。

ナチスによる弾圧

スイス出身、ドイツ国籍を持つ画家、版画家であるパウル・クレーは、もともとドイツの表現主義のグループ、「青騎士」に属していた。その後、戦時期の影響力の大きいドイツの美術学校であるバウハウスで教鞭をとった。彼の作品はナチスにより「退廃芸術」とみなされ、教師職の休職命令や弾圧を受け、1933年に故郷であるスイスに亡命した。

政治的主題

本作《高架橋の革命》は、パウル・クレーがその晩年期の初めである1937年に制作したものである。クレーの作品は、彼の信念を反映した政治的主題を扱っていた。

この反ファシスト絵画は、悪名高いグッゲンハイム橋のアーチが土手から離れていく様子を描いている。まるでナチスの一部であり続けることを拒んでいるかのようである。ピカソは反ファシスト絵画として、有名な《ゲルニカ》を制作した。

亡命時の絵画

アーチは、敵に立ち向かう準備ができたように足を外側に向けている。これはまたがった姿勢をとる人間の足に似ている。明るい灰色の背景に対して鮮やかな黄色と赤の色調で描かれたアーチは黒で輪郭が描かれており、人目を引きつけるものとなっている。

グッゲンハイム橋は、当時ドイツ人に歓迎されていた象徴的な建造物であった。したがって、高架橋が隊形を崩すことは、当時のヨーロッパの状態に対するクレーの不和とみることができる。制作当時、クレーはドイツを去り、故郷のスイスに亡命していた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名高架橋の革命
  • 英語名Viaducts Break Ranks
  • 分類絵画
  • 制作年1937年 - 1937年
  • 製作国スイス
  • 所蔵ハンブルク美術館 (ドイツ)
  • 種類油彩
  • 高さ60cm
  • 横幅50cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 高架橋の革命の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。