作品概要

古代の調和》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1925年から1925年で、バーゼル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

抽象的言語

多くの人がこの絵を暗くてわかりづらいと評するが、ほとんどの鑑賞者は暗い背景と小さな色の四角を超えて、クレーが意図したもの、調和を正確に見ることができるのではないだろうか。

この作品では、クレーは色と記号の新しい抽象的で詩的な言語を探求することにより、視覚芸術の伝統的な境界を明確に試みていると言える。

子供の絵のような色彩と雰囲気

クレーは子供たちの描く作品を賞賛することで知られており、シンプルでありながら素晴らしい作品を作成することを通じてこの気持ちを表している。彼は、北アフリカへの旅行において刺激を受け、そこからインスピレーションを得たものとして強烈な色彩を用いた作品を制作してきた。ここから彼は本作のアイデアを生み出した。

クレーのデザイン、パターン、色の排他的使用は、長年にわたって芸術的原理と哲学的原理の両方において使用されてきた。この作品は、人気のあるクレー作品の1つであり、抽象的な芸術を新しいレベルに引き上げる、子供のような幻想的な雰囲気を持っている。

試行錯誤の技術

クレーの芸術的なテクニックには、段ボール、黄麻布、モスリンなどの日常的な素材の使用が含まれている。彼は「伝統的な」ルールを破ることで有名であり、多くの試行錯誤の末に様々なテクニックを使用した。彼は、筆を使うよりもスプレーやスタンプなど、普通ではない方法で実験することを好んだ。

クレーは20世紀のシュールレアリズム革命に影​​響を与えた。本作は、彼の抽象的な視点によって生み出された作品である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名古代の調和
  • 英語名Ancient Harmony
  • 分類絵画
  • 制作年1925年 - 1925年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵バーゼル美術館 (スイス)
  • 種類油彩
  • 高さ38cm
  • 横幅38cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 古代の調和の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。