作品概要

船乗りシンドバッド》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1923年から1923年で、バーゼル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《船乗りシンドバッド》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーによって1923年に制作された作品である。

モチーフとなった物語

作品のタイトルである《船乗りシンドバッド》は、作品の参照点である物語の名を指している。シンドバッドは、アラビアの物語集成『千夜一夜物語』に登場する架空の人物の名である。

この作品は、シンドバッドの航海の1つを描いたものと考えられている。物語においてシンドバッドは貧しい人物であり、航海する機会を得るまで人生に退屈しているという設定である。

オペラからの影響

シンドバッドは七回の航海に出るが、これらの航海においては様々な冒険を経験することになる。海の怪物からの攻撃を受けてシンドバッドが戦うことになるのは3回目の航海における出来事である。本作は、その怪物とシンドバッドとの戦いの場面を描いている。この作品はおそらく、1923年のコミック幻想喜劇オペラ「船乗り」の戦闘シーンに基づいている。

抽象化されたシンボルの効果

クレーは無意識から生まれたシンボルを使用することで有名であり、それはこの作品においても例外ではない。本作は、ほとんど夢のような物語を描き出している。抽象化を使用することにより、クレーは血みどろの戦闘シーンを形にし、さらに遊び心を加えている。明るい色、暗い背景、珍しい幾何学模様は、絵画の中心人物を統合するために使用されている。 クレーは、背景で使用される不規則な長方形を「魔方陣」と呼んだ。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名船乗りシンドバッド
  • 英語名Sinbad the Sailor
  • 分類絵画
  • 制作年1923年 - 1923年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵バーゼル美術館 (スイス)
  • 種類水彩、紙
  • 高さ34.5cm
  • 横幅50cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 船乗りシンドバッドの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。