作品概要

砂の植物》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1927年から1927年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《砂の植物》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーによって1927年に制作された作品である。

さまざまな画家へ与えた影響

スイス出身、ドイツ国籍を持つ画家、版画家であるパウル・クレーは、もともとドイツの表現主義のグループ、「青騎士」に属していた。その後、戦時期の影響力の大きいドイツの美術学校であるバウハウスで教鞭をとった。しかしながら、クレーの多様な作品体系は、単一の芸術的運動、すなわち「派」に従って分類することはできない。時には幻想的で子供っぽく、あるいは皮肉の効いた作品は、ニューヨーク派や他の20世紀の多くの芸術家たちにインスピレーションを与えた。

鮮やかな色の四角形

クレーがデッサウのバウハウスで教鞭を取っていた1927年に制作された本作は、キュビズム、表現主義、子供の絵に対する関心といったクレーの主な趣向を表す抽象的な水彩画である。

劇的に並べられた四角形は、クレーが彼の著作と教育において広範囲にトピックを探求したこの時代までに、色理論をどれだけ習得したかという点を反映している。彼は1914年におけるチュニジアへの旅行においてその鮮やかな光に触発された後、「色と私は一つである」と述べている。色と形の使用の関係は、この作品において特に象徴的である。

この作品は、クレーの抽象化への第一歩となるものであり、パリでの「青騎士」の展覧会でフランスのシュルレアリストたちを最も感銘させたタイプの絵画と言えるかもしれない。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名砂の植物
  • 英語名Flora on Sand
  • 分類絵画
  • 制作年1927年 - 1927年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵個人 (スイス)
  • 種類水彩、紙
  • 高さ24.1cm
  • 横幅30.4cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 砂の植物の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。