作品概要

港の魚》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1916年から1916年。

詳細な画像を見る

《港の魚》は、1916年にパウル・クレーによって描かれた鮮やかな水彩画である。この繊細な抽象画には、船や魚とともに、鮮やかな色のしぶきが描き出されている。

さまざまな画家へ与えた影響

20世紀後半の大部分において、画家や芸術運動はパウル・クレーの影響を受けたと言ってよい。彼の縞模様の風景と魔方陣の絵は、マレーヴィチと構成主義に影響を与えた。クレーの残した膨大な量の作品と教えは、絵画そのものだけでなく、神秘的な主題や創造性についての教育理論においても、現代美術の発展に大きな影響を与えた。

魚を描いた作品のひとつ

一見したところ、この絵に描かれている魚は、水でぼやけて隠されているように見える。色調は明るく、周囲の形状の中に船の暗い輪郭が垣間見える。本作は魚を主題として描いた数多くのクレー作品の1つである。魚は、クレーが画家人生において何度も立ち帰ったモチーフであった。彼は頻繁に自宅の水槽からインスピレーションを引き出し、生徒たちと魚について話した。

美しい色

この作品は、クレーがその光に魅了されたチュニジアへ旅行以降の、神秘的かつ抽象的な時代に制作されたものである。彼はこの旅行以前は白黒で制作していたが、それ以降は色を多く使用するようになった。

魚を扱った作品としては、暗い海の中にカラフルな魚が描かれたロマンチックな作品である《魚の魔法》や、輝く大きな金色の魚が小さな魚に囲まれている《金魚》などがある。これとは対照的に、この時代に描かれた別の作品《魚のまわりで》では、皿に盛りつけられた魚が描かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名港の魚
  • 英語名Fish in the Harbour
  • 分類絵画
  • 制作年1916年 - 1916年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵不明
  • 種類水彩
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 投稿日
  • 編集者
  • 港の魚の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。