作品概要

新しい調和》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1936年から1936年で、ソロモン・R・グッゲンハイム美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《新しい調和》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーによって1936年に制作された作品である。ソロモン・R・グッゲンハイム美術館に所蔵されている。

知識の芸術への適用

パウル・クレーは、自然、数学、科学、音楽を熱心に学んだ学生でもあった。こうした知識を芸術に向けたクレーの作品には、独自の主題が含まれている。

このことは、本作《新しい調和》においてより顕著であり、作曲と色彩理論に対する画家の関心を反映している。

色のトーン、音楽のトーン

1936年に制作されたこの後期作品は、クレーの晩年期の作品の1つである。彼は、新しい創造性と革新に向けて新しいテーマを探求した。美術史の専門家によると、この絵の構図は左右対称に基づいている。画面の左側は、左側の絵画を直接反映している。色のトーンは、音楽の非主題的トーンを表している。クレーは、音楽における12の音階と同様に、12の色相を使用している。色の調和は作曲という作業における音の調和と似ている。

幾何学的要素

他の絵画においても、クレーは視覚的な表現を使用してジオメトリ(幾何学)の類推を示している。エジプトへ旅をした後、彼はナイル川の色調と正方格子の幾何学を表現している。この作品では、クレーの色彩理論への大きな関心が描かれている。長方形のフラットな表現は、早くも1915年に登場している。クレーは後に、記譜法を用いて色の表現を進化させた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名新しい調和
  • 英語名New Harmony
  • 分類絵画
  • 制作年1936年 - 1936年
  • 製作国スイス
  • 所蔵ソロモン・R・グッゲンハイム美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 投稿日
  • 編集者
  • 新しい調和の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。