作品概要

要塞への道》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1937年から1937年で、フィリップスコレクションに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《要塞への道》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーによって1937年に制作された作品である。

分類するのが困難な作品

クレーは、表現主義、キュビズム、未来派、シュルレアリスム、抽象主義などさまざまな派に関連付けられてきたが、1937年に制作された《要塞への道》のような作品は分類するのが困難である。彼は一般に同業者からは離れて活動し、新しい芸術のトレンドを彼なりの方法で解釈した。クレーの方法と技術は独創的であった。クレーは、油彩、水彩、インク、パステル、エッチングなど、さまざまな媒体で描いた。キャンバスだけでなく、黄麻布、モスリン、リネン、ガーゼ、厚紙、金箔、壁紙、新聞紙なども使用した。

色と形

クレーは長い探求を通して色の研究をし、作品において発展させた。ほぼ単色から多色まで、非常に多様な色調を使用した。彼の作品はしばしば子供の落書きのような性質を持ち、通常は小さいサイズで描かれる。クレーは、文字、数字、矢印だけでなく、幾何学的な形を使用することも多く、それらを動物や人間の姿と組み合わせた。一部の作品は完全に抽象的なものであった。クレーの作品とそのタイトルの多くは、彼のドライなユーモアとさまざまな気分を反映している。政治的信念を表しているものもある。タイトルはしばしば詩、音楽、夢を暗示し、時には歌詞を含んでいる。クレーのその後の作品は、蜘蛛のような象形文字のシンボルによって区別される。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名要塞への道
  • 英語名The Way to the Citadel
  • 分類絵画
  • 制作年1937年 - 1937年
  • 製作国スイス
  • 所蔵フィリップスコレクション (アメリカ)
  • 種類油彩、ガッシュ、厚紙に貼ったキャンバス
  • 高さ66.9cm
  • 横幅55.8cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 要塞への道の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。