作品概要

洪水の後に》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1936年から1936年で、バイエラー財団に所蔵されている。

詳細な画像を見る

複数のシンボル

キャリア後期において、クレーは主に大きなサイズの作品に取り組んだ。それらは彼の個人的な運命、政治的状況、および彼のジョークを表現するあいまいなテーマを扱っていた。苦痛と悲しみは、この時期の彼の作品の主題では珍しくない。本作はその一つの例である。

ここには、三角形、長方形、円、点、開いた形と閉じた形、断片化された形など、複数のシンボルが配置されている。こうした要素はすべて画像として読み取る必要がある。この大量の黒い記号について想像力を働かせると、それらは突然生き生きとし、鑑賞者の目には別の世界が提供される。

クレーの作品には子供の絵のような素晴らしい性質がある。しかし、非常に具体的な法則に従って正確に構築されているという点では、子供らしさは見られない。岸壁の下部にある茶色の帯、中央に広がる水、上部の青い水平線、これらの2つの帯をつなぐ大きな不均一な黒い線には、すべて目的がある。

無意識の創造

「丘の上にある大きなしだれ柳」、「ピラミッドとチャペル」など、我々は希望どおりにこれらの記号について解釈することができる。しかしクレーは彼が意図したものを守っており、ここから空間的な遊びが生まれている。彼は形を描いてからそれと関連するものを探した。そして描いたものをもう一度見て、新しい要素についてほとんど無意識の創造が起こるまで待った。クレーはこの制作過程に多くの時間を費やし、最終的には独特の形や色が現れることとなった。

この作品は、非常にバランスが取れている。長方形が多すぎたり円が少なすぎたりせず、すべての異なる部分間に完全な相互依存関係がある。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名洪水の後に
  • 英語名After The Floods
  • 分類絵画
  • 制作年1936年 - 1936年
  • 製作国スイス
  • 所蔵バイエラー財団 (スイス)
  • 種類水彩、厚紙に貼ったアングル紙
  • 高さ47.9cm
  • 横幅62.6cm
  • 更新日
  • 投稿日
  • 編集者
  • 洪水の後にの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。