作品概要

パルナッソス山へ》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1932年から1932年で、ベルン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《パルナッソス山へ》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーによって1932年に制作された作品である。スイスのベルン美術館に所蔵されている。

クレーの傑作のひとつ

《パルナッソス山へ》は、パウル・クレーの傑作であり、彼の描いた点描作品の最良の例と考えられている。同時に、本作は彼の最も素晴らしい作品の一つでもある。

この作品は、クレーのデュッセルドルフ時代に制作された。100×126センチと、通常小さなサイズの作品を制作していた彼にとっては、最大サイズの絵画の1つである。点描で描かれたこのモザイクのような作品で、彼はさまざまな技術と構成原理を組み合わせた。

ギリシャ神話の山

1928年から1929年にかけてのエジプト旅行の影響を受け、クレーは線と点で色の範囲を構築し、ピラミッド型の山を描いた。その頂上には赤々とした太陽が見える。画題の「パルナッソス山」はギリシャにある山の名で、ギリシャ神話においてアポロンを祀り、ミューズたちの住む場所として知られている。

点描と幾何学的な要素による効果

1930年頃、クレーは19世紀後半の点描を思い起こさせるこの構造をよく利用していた。クレーはこれを「分裂主義」と名付けた。この構造の中では、さらなる幾何学的要素が描かれる。明確な輪郭のない三角形は、小さな正方形による色調の変化によってのみ存在している。その結果、作品は多層的、空間的で、光に満ちたものとなっている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名パルナッソス山へ
  • 英語名Ad Parnassum
  • 分類絵画
  • 制作年1932年 - 1932年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵ベルン美術館 (スイス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ100cm
  • 横幅126cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • パルナッソス山への感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。