作品概要

夢の都市》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1921年から1921年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《夢の都市》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーにより1921年に制作された作品である。現在、個人の所蔵となっている。

さまざまな画家へ与えた影響

スイス出身、ドイツ国籍を持つ画家、版画家であるパウル・クレーは、もともとドイツの表現主義のグループ、「青騎士」に属していた。20世紀後半の大部分において、画家や芸術運動はパウル・クレーの影響を受けたと言ってよい。クレーの多様な作品体系は、単一の芸術的運動、すなわち「派」に従って分類することはできない。時には幻想的で子供っぽく、あるいは皮肉の効いた作品は、ニューヨーク派や他の20世紀の多くの芸術家たちにインスピレーションを与えた。クレーの残した膨大な量の作品と教えは、絵画そのものだけでなく、神秘的な主題や創造性についての教育理論においても、現代美術の発展に大きな影響を与えた。

色の変化と範囲の与える効果

《夢の都市》は、コントラストと不思議に満ちた想像上の世界を描いている。クレーの絵画は、表現主義、未来派、キュビズム、抽象化、シュールレアリズムの要素を組み合わせたものとなっているが、本作はキュビズムの影響により、それぞれ異なる形状と色の変化を用いることで、作品画面にとらえがたい印象を与えている。この作品は、使用された色合いの範囲の点で傑作といえる。青と緑、紫を混ぜて使用することで、絵画の深みと質が増している。本作には、活気のある都市生活の感触が与えられている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名夢の都市
  • 英語名Dream City
  • 分類絵画
  • 制作年1921年 - 1921年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵個人
  • 種類油彩、水彩、キャンバス
  • 高さ48cm
  • 横幅31cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 夢の都市の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。