作品概要

城と太陽》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1928年から1928年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《城と太陽》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーによって1928年に制作された作品である。

さまざまな画家へ与えた影響

20世紀後半の大部分において、画家や芸術運動はパウル・クレーの影響を受けたと言ってよい。彼の縞模様の風景と魔方陣の絵は、マレーヴィチと構成主義に影響を与えた。クレーの残した膨大な量の作品と教えは、絵画そのものだけでなく、神秘的な主題や創造性についての教育理論においても、現代美術の発展に大きな影響を与えた。

鮮やかな色と形

この作品の色は実に魅力的である。三角形と長方形が、都市のシーンの抽象的な形を描き出している。本作は、《新しい天使》や《さえずり機械》などと並んで、クレー作品の中でも複製されやすい作品となっている。

《城と太陽》という画題は、この作品の主要な焦点を捉えている。月と誤解されることもあるが、この画題においてそれが太陽であることが明確になっている。

独自性を与える色

抽象化に適合しながらも、本作は表現主義、キュビズム、シュールレアリスムのいずれか、あるいはすべてに適合する作品であると言うことができる。ダリの《燃えるキリン》やピカソの《アビニヨンの娘たち》を思い起こさせる部分もあるが、本作を独自のものにしているのはこの明るい色である。

幾何学的形状の抽象的な形成による形の創造は、ワシリー・カンディンスキーとバウハウスの他のメンバーの作品をより想起させる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名城と太陽
  • 英語名Castle and Sun
  • 分類絵画
  • 制作年1928年 - 1928年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵個人
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 投稿日
  • 編集者
  • 城と太陽の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。