作品概要

大聖堂》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は?。

詳細な画像を見る

《大聖堂》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーによる作品である。

さまざまな画家へ与えた影響

20世紀後半の大部分において、画家や芸術運動はパウル・クレーの影響を受けたと言ってよい。彼の縞模様の風景と魔方陣の絵は、マレーヴィチと構成主義に影響を与えた。クレーの残した膨大な量の作品と教えは、絵画そのものだけでなく、神秘的な主題や創造性についての教育理論においても、現代美術の発展に大きな影響を与えた。

多岐にわたる才能

クレーは詩人、哲学者であり、博物学者でもあった。彼が絵画に与えたタイトルは、比喩的な小さな詩であるといえる。それらの示唆する力は、時にはきらめく機知により意味を覆い隠し、注意深い鑑賞者の興味をそそるような方法で、その主題を強化している。優れた音楽家でもあるクレーの作品は、視覚音楽をも示唆している。

女性的な色、男性的な構造

ブルー、パープル、オレンジの、柔らかで自然、かつ鮮やかな混色は、淡い色調の画面の中心へと鑑賞者の視線を引き寄せ、大聖堂に焦点が合う。するとやがて、大聖堂の塔と窓の、ほぼクモの巣状のタペストリーが目に入り始める。建築のコラージュがより明確になると、各セクションは正方形をかたどり始める。

描かれた大聖堂はさまざまな淡い色で塗られており、この作品にほぼ女性的な側面を与えている。一方で線画のしっかりした構造は、その構造に男性的な文脈を与えている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名大聖堂
  • 英語名Cathedrals
  • 分類絵画
  • 制作年不明 - 不明
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ30cm
  • 横幅35cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 大聖堂の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。