作品概要

日没》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1930年から1930年で、シカゴ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《日没》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーによって1930年に制作された作品である。

多用な作風の画家

スイス出身、ドイツ国籍を持つ画家、版画家であるパウル・クレーは、もともとドイツの表現主義のグループ、「青騎士」に属していた。その後、戦時期の影響力の大きいドイツの美術学校であるバウハウスで教鞭をとった。しかしながら、クレーの多様な作品体系は、単一の芸術的運動、すなわち「派」に従って分類することはできない。時には幻想的で子供っぽく、あるいは皮肉の効いた作品は、ニューヨーク派や他の20世紀の多くの芸術家たちにインスピレーションを与えた。

音楽の絵画への翻案

パウル・クレーは訓練を受けた音楽家でもあった。そして、他の20世紀初頭の多くの芸術家たちと同様、音楽が新しい抽象芸術を生み出す鍵であるという考えを持っていた。彼は音楽の一時的な性格と、絵画への翻案の可能性に関心を寄せていた。この《日没》は、リズムの原理を反映したものになっている。線形構造、形、色調は、調和のとれた効果を生み出している。

構成のバランス

クレーは中立的な背景の上に、複雑なドットのパターンを重ねた。抽象的で幾何学的な重なり合う形状は、左上の図式的な顔や右下の赤い太陽と矢印などの認識可能な形とバランスが取れている。静と動、浅さと深さのバランスをとる結果として得られた構成は、「目に見えるものを再現せず、目に見えるようにする」芸術を生み出すために音楽に目を向けるクレーの、より深い探求に関連している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名日没
  • 英語名Sunset
  • 分類絵画
  • 制作年1930年 - 1930年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵シカゴ美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ46.1cm
  • 横幅70.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 日没の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。