作品概要

雪の前》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1920年から1920年。

詳細な画像を見る

《雪の前》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーによって1920年に制作された作品である。

バウハウスの教員

スイス出身、ドイツ国籍を持つ画家、版画家であるパウル・クレーは、もともとドイツの表現主義のグループ、「青騎士」に属していた。その後、戦時期の影響力の大きいドイツの美術学校であるバウハウスで教鞭をとった。彼は6000以上の作品を残し、世界中の芸術家にインスピレーションを与えた。

晩秋の色

パウル・クレーが1920年に制作したこの初期作品は、晩秋の雰囲気を呼び起こしている。雲は木の上に雪を降らせ、地球は赤茶色に変わり、その下は灰色である。二つの雲は木や大地に触れるほどに近いが、触れずに重なり合っている。対照的に、木の色の付いた面は交差しているが、コンパートメントは一つの色でのみ塗りつぶされている。中央はピンク、次にグリーンと明るい紫、縁は暗い紫とグレーである。空間は、暗い茶色と暗い緑である。

われわれの内に存在する木

この作品は、幽霊や悪魔、または人間の存在の一時的な性質を思い起こさせる。「われわれはただ空気の息を吐くように通り過ぎるだけだ」とリルケは詩の中で語っている。その結果、詩人の感覚の内的宇宙空間と内と外のプロセスは互いに対応し、この作品の木はわれわれの中に存在するものとなる。

木の色は、秋と春を同時に示唆している。雪は木を覆うと同時に、芽が開くまでそれを温めている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名雪の前
  • 英語名Before the Snow
  • 分類絵画
  • 制作年1920年 - 1920年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵不明(スイス)
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 投稿日
  • 編集者
  • 雪の前の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。