作品概要

猫と鳥》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1928年から1928年で、ニューヨーク近代美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《猫と鳥》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーによって1928年に制作された作品である。ニューヨーク近代美術館に所蔵されている。

秘密のビジョンの可視化

クレーは目に見えるものを描写するのではなく、線、形、色それ自体を使用し、絵画における「手段の純粋な育成」を実践したいと考えた芸術家の一人であった。その優先性は、彼に思考よりも知覚を自由に扱う形の作品を制作させるようになった。

この作品における鳥は猫の額の前ではなく、その内部で文字通り猫の精神の中を飛んでいるように見える。猫を頭だけにすることで、この点が強調されている。クレーは、思考、空想、食欲、脳の飢えを描くことに集中している。アーティストとして、クレーは「秘密のビジョンを目に見えるようにする」ことが目的の一つだと語っている。

子供の絵の魅力

猫は恐ろしく警戒心が強いが同時に穏やかでもある生き物である。クレーの用いた色調も、黄緑色からバラ色までの狭い範囲と、青緑色といった穏やかなものとなっている。

画面全体からにじみ出る子供の落書きのような雰囲気は、絵の空気感を明るいものにしている。子供たちは創造性の源に近いところにいると信じていたクレーは、彼らの芸術に魅了され、楕円形の猫の目および瞳孔の楕円、三角形の耳と鼻などに見られるようのシンプルな線と形を用いることで、本作にそれを呼び起こしている。鼻の先は赤いハートとなっており、これは猫の欲望の象徴である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名猫と鳥
  • 英語名Cat and Bird
  • 分類絵画
  • 制作年1928年 - 1928年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵ニューヨーク近代美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ38.1cm
  • 横幅53.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 猫と鳥の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。