作品概要

金魚》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1925年から1925年で、ハンブルク美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《金魚》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーによって1925年に制作された作品である。ハンブルク美術館に所蔵されている。

さまざまな作風を用いた画家

スイス出身、ドイツ国籍を持つ画家、版画家であるパウル・クレーは、もともとドイツの表現主義のグループ、「青騎士」に属していた。その後、戦時期の影響力の大きいドイツの美術学校であるバウハウスで教鞭をとった。しかしながら、クレーの多様な作品体系は、単一の芸術的運動、すなわち「派」に従って分類することは難しい。

光輝く金魚

この驚くべき金魚は深い青い水の中におり、他の小さな赤と紫の魚は主人の邪魔にならないように泳いでいる。周りの水には小さな波紋があり、下端からは、池のそばで見られるような単純な形の水色の植物がいくつか立ち上がっている。金魚は内なる光を放ち、実際には水を照らすはずだが、水は暗いままである。金魚はありそうもない色で光っている。赤いヒレと赤い目は鱗の輝きを高め、まるで刺繍されているように見える。

奇跡的な存在

金魚は動いてるのだろうか。他の7匹の魚は、彼から逃げているようである。彼は神のように落ち着きはらい、青の要素を分割している。青の要素は、植物の痕跡のない中央の部分で最も深く、最も暗くなっている。星や干支のシンボル、または他の記号は描かれていない。金魚はそれ自体、そのサイズと美しさにおいて奇跡的といえる。すべてが彼に従い、他のすべては純粋に彼のために存在しているといえる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名金魚
  • 英語名The Goldfish
  • 分類絵画
  • 制作年1925年 - 1925年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵ハンブルク美術館 (ドイツ)
  • 種類油彩、水彩、紙
  • 高さ48cm
  • 横幅68cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 金魚の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。