作品概要

赤い風船》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1922年から1922年で、グッゲンハイム美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《赤い風船》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーによって1922年に制作された作品である。グッゲンハイム美術館に所蔵されている。

抽象的な美術言語

20世紀初頭のアヴァンギャルドの一環として、クレーは個人的な抽象的な美術言語を策定した。比喩と非表象の間を自由に揺れ動く彼の語彙は、記述的というよりもより表現力のある独特の象徴を通して意志を運んだ。クレーは、しばしば気まぐれな形とテキストの融合によって意味を伝え、頻繁に作品にタイトルを記し、絵そのものの中にも言葉を入れた。《バイエルンのドン・ジョヴァンニ》(1919年、グッゲンハイム美術館蔵)の場合も同様であり、クレーはモーツァルトのオペラへの憧れを示しながら、彼自身の他情な追求をほのめかしている。

色彩と形の構図

クレーの作品の多くは比喩的なものであるが、ほとんどの場合、構図のデザインは物語の関連に先行していた。彼はしばしば、色調の値と線を視覚的な逸話へと変身させた。たとえばこの《赤い風船》は、繊細な色の幾何学図形と魅力的な街並みの集合体となっている。

空中に浮かんでいるように見えるカラフルな幾何学的図形は、独特のイメージを提供している。街並みの背景は、赤、黄、青、緑の鮮やかな色合いで画面を引き立てている。クレーは形を使用して、中央の舞台に置かれた孤独な赤い風船に、鑑賞者の目を向けさせることに巧みに成功している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名赤い風船
  • 英語名Red Baloon
  • 分類絵画
  • 制作年1922年 - 1922年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵グッゲンハイム美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、チョーク
  • 高さ32cm
  • 横幅31cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 赤い風船の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。