作品概要

魚のまわりで》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1926年から1926年で、ニューヨーク近代美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《魚のまわりで》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーによって1926年に制作された作品である。ニューヨーク近代美術館に所蔵されている。

さまざまな作風を用いた画家

スイス出身、ドイツ国籍を持つ画家、版画家であるパウル・クレーは、もともとドイツの表現主義のグループ、「青騎士」に属していた。その後、戦時期の影響力の大きいドイツの美術学校であるバウハウスで教鞭をとった。しかしながら、クレーの多様な作品体系は、単一の芸術的運動、すなわち「派」に従って分類することはできない。時には幻想的で子供っぽく、あるいは皮肉の効いた作品は、ニューヨーク派や他の20世紀の多くの芸術家たちにインスピレーションを与えた。

比喩的な要素

画面中央に置かれた魚の盛り合わせの大皿は、一見異なった要素の星座に囲まれている。十字架、満月、三日月、感嘆符、分岐した赤い旗、それらすべては、暗い奈落の底に浮かんでいる。

クレーの図像の一部は、彼の教えから生まれた。バウハウスの学生に力と感情を示すための教育ツールとして初期に使用したシンボルである「矢印」は、ここでは人間の意識を暗示する様式化された頭を指している。それらはしばし謎めいているが、クレーは「物体は、その内面の知識、物事がその外見が示唆する以上のものであるという知識を通じて、外観を超えて成長していく」とし、比喩的な要素はより広い意味を持っていると信じていた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名魚のまわりで
  • 英語名Around the Fish
  • 分類絵画
  • 制作年1926年 - 1926年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵ニューヨーク近代美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、テンペラ、キャンバス
  • 高さ47cm
  • 横幅64cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 魚のまわりでの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。