作品概要

クリスタル・グラデーション》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1921年から1921年で、バーゼル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《クリスタル・グラデーション》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーによって1921年に制作された作品である。スイスのバーゼル美術館に所蔵されている。

色彩の理論

パウル・クレーは、1921年から十年間、ドイツの美術学校であるバウハウスで教鞭をとっていた。バウハウス時代のクレーの創造的活動については、まず相互依存を考慮しなければならない。1921年と1923年に描かれた本作のような芸術作品と彼の理論的アイデアとの密接な関係は、明らかに彼の色彩理論における系統的な実験の結果であった。しかし、「花が下から成長するように、法則は下にあるべきだ」というクレーの基本原則は、明らかにこの作品によって導き出されたものといえる。

色を混ぜる過程において、クレーは色層を操作し、その固有の混合に従ってすべての段階を計算している。

グラデーションと水晶の色味

《クリスタル・グラデーション》は、「色で重みが描かれたキアロスクーロ(明暗)絵画」群の一例である。箱のような構造、重複、増加、減少により、明暗のグラデーションが、背景と前景の間で空間的な動きを与える動的な関係下に配置されている。暗い面に段階的に照らされて際立っている形象は、黒から白へと移動する灰色のトーンにより重み付けされている。明るい赤とターコイズグリーンの色の効果は、画題にある「クリスタル」であるスモーキークォーツを思わせるものがある。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名クリスタル・グラデーション
  • 英語名Crystal Gradation
  • 分類絵画
  • 制作年1921年 - 1921年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵バーゼル美術館 (スイス)
  • 種類水彩、インク、紙
  • 高さ24cm
  • 横幅31.3cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • クリスタル・グラデーションの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。