作品概要

回転する家》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1921年から1921年で、ティッセン=ボルネミッサ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《回転する家》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーによって1921年に制作された作品である。ティッセン=ボルネミッサ美術館に所蔵されている。

幾何学的な都市

クレーは1921年から1931年までの間、ドイツの美術学校であるバウハウスで教鞭をとった。この作品は、クレーのバウハウス時代の最初の数ヶ月の間に描かれた。その間、学校の構成主義的な環境に影響を受けたクレーは、彼自身の気質と創造的な自発性により、あらゆる形態の純粋な構成主義を警戒していたが、彼の作品においては幾何学がより重要な要素となっていった。

この作品においてクレーは都市のテーマに取り組んでいる。彼は都市を、人間によって自然が改変された場所であり、法と秩序が優先される場所であるとみなした。

回転する家のダイナミズム

一見すると、子供の絵のような意図的に素朴な図像が描かれている。この作品では、建築物が本質的な要素まで縮小されている。さらにクレーは伝統的な遠近法を拒否し、単一の視点を避け、多くの視覚的あいまいさの中で画面を急勾配に見せている。

建築物は一般的に静的で安定したものと見なされる傾向があるが、クレーの作品においては幾何学的な概念に動的要素が導入され、車輪の回転を模倣するかのように中心で回転している。このダイナミズムにより、彼の建築物は命を吹き込まれている。その意味で回転する家は、安定ではなく不安定、建設的ではなく直感的なものとなっている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名回転する家
  • 英語名Revolving House
  • 分類絵画
  • 制作年1921年 - 1921年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵ティッセン=ボルネミッサ美術館 (スペイン)
  • 種類ガッシュ、紙
  • 高さ38cm
  • 横幅52cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 回転する家の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。