作品概要

若い女性の冒険》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1922年から1922年で、テート・モダンに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《若い女性の冒険》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーによって1922年に制作された作品である。テート・モダンに所蔵されている。

さまざまな作風を用いた画家

スイス出身、ドイツ国籍を持つ画家、版画家であるパウル・クレーは、もともとドイツの表現主義のグループ、「青騎士」に属していた。その後、戦時期の影響力の大きいドイツの美術学校であるバウハウスで教鞭をとった。しかしながら、クレーの多様な作品体系は、単一の芸術的運動、すなわち「派」に従って分類することはできない。時には幻想的で子供っぽく、あるいは皮肉の効いた作品は、ニューヨーク派や他の20世紀の多くの芸術家たちにインスピレーションを与えた。

さまざまな解釈

この水彩画にはさまざまな解釈があり、批評家によって異なっている。 たとえばドイツの批評家ウィル・グローマンは、この人物を「ファッショナブルな女性であり、彼女の印象的な優雅さは、圧制的な精神に直面しても多かれ少なかれ無力である」と見ている。この作品が制作された時期にクレーが教鞭をとっていたバウハウスにおいては、本作は「イングリッシュ・ミス」として知られていた。

他の見解としては、作品のエロティックな意味合い、および男根のシンボルとしての使用を強調したものがある。スイスの美術史家クリスティアン・ゲーラーは、タイトルで言及されている「若い女性の冒険」は、本質的に性的なものであるとした。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名若い女性の冒険
  • 英語名A Young Lady's Adventure
  • 分類絵画
  • 制作年1922年 - 1922年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵テート・モダン (イギリス)
  • 種類水彩
  • 高さ44cm
  • 横幅31cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 若い女性の冒険の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。