作品概要

宇宙の構成》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1919年から1919年。

詳細な画像を見る

《宇宙の構成》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーによって1919年に制作された作品である。

宇宙を支配する力

本作の理解はシンプルである。真ん中に太陽が輝いている。その上では、さまざまなサイズの三日月と星が着色された面を引っ掻くことで描かれ、線形の記号に縮小された家、階段、木がその周囲に集まっている。空間の効果は色によって直接生成されており、三次元の遠近感がほとんどない。

この輝く宇宙の領域の背後には、目が描かれている。それはすべての後ろ、創造の上に立ち、宇宙を支配する力を象徴している。これと同じ目は、この時代のクレーによる他の絵画にも見られる。この作品はまた、クレーが油彩においても生命、流動性、透明性を与えることに成功したことを示している。

「青騎士」に見られる哲学

戦後、クレーは「宇宙」という主題で連作を描き、漠然と宗教的な自然哲学を発展させた。それによれば、この世のすべてのものは包囲された存在の発散と表現、つまり創造のすべてが神の現われと反映であるという。彼と同じ考え方をした芸術家は他にもいた。このような考えは、「青騎士」の仲間であったワシリー・カンディンスキーやフランツ・マルクによって策定された。

クレーは次のように述べている。「芸術は創造の例えである。地上の一例が宇宙の一例であるように、それはほんの一例である」

本作は、宇宙の性質や現実そのものについてのクレー自身の信念を反映している、深い哲学的な作品である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名宇宙の構成
  • 英語名Cosmic Composition
  • 分類絵画
  • 制作年1919年 - 1919年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵不明
  • 種類油彩、板
  • 高さ48cm
  • 横幅41cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 宇宙の構成の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。