作品概要

花の神話》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1918年から1918年で、シュプレンゲル美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《花の神話》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーによって1918年に制作された作品である。

さまざまな作風を用いた画家

スイス出身、ドイツ国籍を持つ画家、版画家であるパウル・クレーは、もともとドイツの表現主義のグループ、「青騎士」に属していた。その後、戦時期の影響力の大きいドイツの美術学校であるバウハウスで教鞭をとった。しかしながら、クレーの多様な作品体系は、単一の芸術的運動、すなわち「派」に従って分類することはできない。

現実的な表現からの撤退

深く空間的な赤を背景にして、植物が画面中央に浮かんでいる。その周囲には太陽、月、星の簡素なシンボルがあり、鳥が上空から花に近づいている。構図を構成しているのは、細い銀色の線である。

クレーは、対象物を描いてはいない。代わりに、植物や天体などを表すため、典型的なシンボルを使用した。これは、彼が「現実的な」表現から撤退したことを示している。クレーは特定の時間、日付、または季節を扱おうとはせず、創造全体について熟慮した。地球、太陽、月、星を近くに並置していることは、このことを示唆している。

宇宙の周期的な性質

クレーは特定の植物をも描いていない。彼の関心は植物全般にあった。球根から成長し、根と葉があり、頂上に花が咲き、すでに果実を結んでいる。生物(鳥)が花粉を取ろうと近づいている。こうした簡素なシンボル的表現の中には、宇宙の生命と成長における周期的な性質が強調されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名花の神話
  • 英語名Flower Myth
  • 分類絵画
  • 制作年1918年 - 1918年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵シュプレンゲル美術館 (ドイツ)
  • 種類水彩、チョーク、紙
  • 高さ29cm
  • 横幅15.8cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 花の神話の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。