作品概要

鳥の庭》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1924年から1924年で、ピナコテーク・デア・モデルネに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《鳥の庭》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーによって1924年に制作された作品である。

さまざまな作風を用いた画家

スイス出身、ドイツ国籍を持つ画家、版画家であるパウル・クレーは、もともとドイツの表現主義のグループ、「青騎士」に属していた。その後、戦時期の影響力の大きいドイツの美術学校であるバウハウスで教鞭をとった。しかしながら、クレーの多様な作品体系は、単一の芸術的運動、すなわち「派」に従って分類することはできない。時には幻想的で子供っぽく、あるいは皮肉の効いた作品は、ニューヨーク派や他の20世紀の多くの芸術家たちにインスピレーションを与えた。

紙のような小鳥たち

ここに描かれている小鳥たちは、とても自信に満ちており、葉の上を踏む様子がとても繊細である。その声は、非常に甲高い金属音であるように感じられる。小鳥たちは、どの植物にも注意を払っていないように見える。彼らは紙のように薄く軽く、簡単に吹き飛んでしまいそうである。注意深く見ると、鳥の部分に新聞紙が見える。

作品を貫く音楽

この幻想的でかわいらしい庭の場面は、絵画であると同時に、音楽でもある。本作を見る私たちは、脈拍に音楽を感じる。その素晴らしい調和は喜びを引き起こす。

全体として、この作品の音楽はオルゴールの音楽に似ている。常に魅力的な音楽を鳴らす心地よい循環性、終わるまでぐるぐると回転する様子などがその性質である。この作品は長方形でサイズも小さいが、実際よりも少し大きく感じる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名鳥の庭
  • 英語名Bird Garden
  • 分類絵画
  • 制作年1924年 - 1924年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵ピナコテーク・デア・モデルネ (ドイツ)
  • 種類混合媒体、新聞紙、段ボール
  • 高さ27cm
  • 横幅39cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 鳥の庭の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。