作品概要

三人の生者と三人の死者》は、画家のブオナミーコ・ブファルマッコによって制作された作品。制作年は1338?年から1339?年で、シノピー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

ピサのカンポサントのフレスコ画

《三人の生者と三人の死者》はブオナミーコ・ブファルマッコによる《死の勝利》《最後の審判と地獄》からなるピサのカンポサントのフレスコ画である。この巨大なフレスコ画は地元の宣教師からの依頼で、大聖堂と斜塔を含む施設の制作の一部として描かれたとみられる。

背景にある中世の文化

「三人の生者と三人の死者」は、中世の詩や逸話においてよく見られるテーマである。
その詩では、3人が狩りに出かけ霧の中で道を失い、3人の死者と出会う。3人は死者を恐れるが、逃げたいという欲求から彼らに立ち向かう決意まで、3人の死者に対するさまざまな反応を示す。

死者らは「われらを記憶せよ」「お前たちもいずれ我々のようになる。人生において価値があるのは良い行いだけである」と訴える。14世紀黒死病がヨーロッパに広がる約10年前に描かれたと思われる。

構図

死の天使が頭の上に死体を集めている一方、庭で楽しんでいる若者のグループが右側の前景に見て取れる。中央に見える物乞の上の天使たちが掲げる巻物に「我々は繁栄に取り残された。死よ、すべての痛みの薬である死よ。私たちに最後の晩餐を与え給え」と読み取れる。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ブオナミーコ・ブファルマッコ
  • 作品名三人の生者と三人の死者
  • 英語名The Three Dead and the Three Living
  • 分類絵画
  • 制作年1338?年 - 1339?年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵シノピー美術館 (イタリア)
  • 種類フレスコ画
  • 高さ?cm
  • 横幅?cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 三人の生者と三人の死者の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。