作品概要

死の勝利》は、画家のブオナミーコ・ブファルマッコによって制作された作品。制作年は1338?年から1339?年で、シノピー美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《死の勝利》はブオナミーコ・ブファルマッコによるフレスコ画である。

ピサのカンポサントのフレスコ画

この14世紀イタリアの傑作は「死の勝利」「三人の生者と三人の死者」「最後の審判」「地獄」からなるピサのカンポサントのフレスコ画である。もともとこの壮大なフレスコ画は1278年、地元の宣教師からの資金を元に、大聖堂と斜塔を含む施設の制作の一部としてピサの知事の命を受けて開始され1338年から1339年の間に完成したと見られる。

その作者について

作者は長い間フランチェスコ・トレイニと考えられていたが、現在では多くの識者によりブファルマッコであるとみなされている。 ブファルマッコの作品はこれ以外にほとんど現存が確認できない。ブファルマッコはポストジオット世代の有力画家の1人アーティストであったことを裏付ける情報も残っているが、批評家の中には彼を歴史上の人物というよりも伝説的な人物だと見なすものも居る。

背景にある中世の文化

「死の勝利」はその自然主義的な細部とともに、シエナ派の巨匠、ピエトロとアンブロジオロレンツェッティによる影響を色濃く表し、ボッカッチョの創造物との驚くべき親和性を示す。当時、黒死病と呼ばれたペストが猛威をふるい多くの人間が死滅したが、この壁画は、当時の中世後期の文化-黒死病への恐怖,贖罪、懺悔、信心、都市の成長など、富裕階級層の出現、カトリックの宣教師の増加などを投影したものと解釈されている。鮮やかな色使いは、見る者の注意を引き付け、苦しみのテーマについての継続的な考察をつきつけているようだ。

戦争での損傷

「死の勝利」は1944年、第二次世界大戦中の爆撃により壊滅的な損傷を受けたが、補修作業により、その本来の姿が明らかになり、現在シノピー美術館で鑑賞することができる。

エピソード

詩人ジョヴァンニ・ボッカッチョは「デカメロン」の中で、フランコ・サッケッティは「Il trecentonovelle」の中で、ブファルマッコがかなりのいたずら好きであると記述している。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家ブオナミーコ・ブファルマッコ
  • 作品名死の勝利
  • 英語名The Three Dead and the Three Living and The Triumph of Death
  • 分類絵画
  • 制作年1338?年 - 1339?年
  • 製作国イタリア
  • 所蔵シノピー美術館 (イタリア)
  • 種類フレスコ画
  • 高さ?cm
  • 横幅?cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 死の勝利の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。