作品概要

吠える犬》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1928年から1928年で、ミネアポリス美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《吠える犬》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーによって1928年に制作された作品である。ミネアポリス美術館に所蔵されている。

さまざまな作風を用いた画家

スイス出身、ドイツ国籍を持つ画家、版画家であるパウル・クレーは、もともとドイツの表現主義のグループ、「青騎士」に属していた。その後、戦時期の影響力の大きいドイツの美術学校であるバウハウスで教鞭をとった。しかしながら、クレーの多様な作品体系は、単一の芸術的運動、すなわち「派」に従って分類することはできない。時には幻想的で子供っぽく、あるいは皮肉の効いた作品は、ニューヨーク派や他の20世紀の多くの芸術家たちにインスピレーションを与えた。

珍しい音の視覚化

輝く月に孤独な犬が吠えているというクレーの遊び心のある描写は、表現の直線的なスタイルに対する画家の依存を例証している。一連の曲がりくねった線を使用して、クレーは3つの異なる形式の調和のとれた配置を作り上げている。犬、月、そして珍しいが魅力的な音の視覚化として、犬の拡張された遠吠えである。

渦巻く色の地面の中心に置かれ、犬の遠吠えは本作において支配的な役割を果たしている。巻き上げられ、曲がりくねり、煙のように夜の空気にぶら下がり、発せられた音の視覚的および時間的記録を表している。クレーの2次元構成は、伝統的な空間錯覚に効果的に取って代わり、絵画の気まぐれな主題の、シンプルでありながらエレガントな表意文字となっている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名吠える犬
  • 英語名Howling Dog
  • 分類絵画
  • 制作年1928年 - 1928年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵ミネアポリス美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ44.45cm
  • 横幅56.83cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 吠える犬の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。