作品概要

魚の魔法》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1925年から1925年で、フィラデルフィア美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《魚の魔法》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーによって1928年に制作された作品である。フィラデルフィア美術館に所蔵されている。

さまざまな作風を用いた画家

音楽家の家に生まれたパウル・クレーは、熟練したバイオリニストであった。さまざまに迷った後、彼は芸術を勉強することを選んだ。クレーのように、気まぐれで遊び心がある様々なスタイルを用い、主題、媒体をかわるがわる使い分けるような芸術家は稀である。1898年から1901年にかけて、クレーは最初にハインリッヒ・クニルとともにミュンヘンで学び、その後フランツ・フォン・シュトゥックの下で学んだ。

その後クレーは彼の視覚的感覚を養うことになる海外旅行へと出かけた。1914年にチュニジアを訪れた後、彼は色に魅了されるようになった。このことはクレーの成熟したスタイルの支配的な力となった。その後の20年間で彼の絵画は、平坦で半抽象的な構成を作りあげる繊細で夢のような色の調和の習熟を見せた。

黒と鮮やかな色彩の共演

この作品で、パウル・クレーは、水生生物、天体、そして地上が混在する魔法の世界を創造している。繊細な黒い表面が、色の塗られた下層を覆っている。この作品は、芸術家が塗料の上からデザインをひっかき、走り書きすることで描いたものである。絵の中央には、正方形のモスリンがキャンバスに貼り付けられている。時計塔の頂上に達する長い対角線は、このモスリンのカーテンを泡立てるかのように描かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名魚の魔法
  • 英語名Fish Magic
  • 分類絵画
  • 制作年1925年 - 1925年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵フィラデルフィア美術館 (アメリカ)
  • 種類油彩、水彩、キャンバス
  • 高さ77.2cm
  • 横幅98.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 魚の魔法の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。