作品概要

女性と動物》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1904年から1904年で、大英博物館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

幻想的、かつ皮肉を含む作品

スイス出身、ドイツ国籍を持つ画家、版画家であるパウル・クレーは、もともとドイツの表現主義のグループ、「青騎士」に属していた。その後、戦時期の影響力の大きいドイツの美術学校であるバウハウスで教鞭をとった。しかしながら、クレーの多様な作品体系は、単一の芸術的運動、すなわち「派」に従って分類することはできない。時には幻想的で子供っぽく、あるいは皮肉の効いた作品は、ニューヨーク派や他の20世紀の多くの芸術家たちにインスピレーションを与えた。

初期の連作のひとつ

パウル・クレーは、非常に独創的で個性的な芸術家であった。彼は1898年から1901年までドイツで美術を学び、その後7か月間イタリアを旅した。1902年に故郷であるスイスのベルンに戻った後、クレーは1903年7月から1905年3月までの間、《インヴェンション》というタイトルの連作を制作した。これらの作品は、変わった風刺的な歪み、曖昧な対象、そして強いエロティシズムの奇妙な組み合わせとなっている。

クレーはこのエッチングを、連作の最初の一作とするつもりであった。これは、1902年にローマで描いた《ウィペット犬のような獣》と《人形のような婦人》という2つの素描から導き出されたものである。クレーはそれについて、日記の中で次のように述べている。「男の中の獣性が、それを嫌う女性を追いかけている。獣姦と女性の親和性。女性の精神のわずかな除幕。マスクをしたがる真実の認識」

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名女性と動物
  • 英語名Woman and Animal, an etching and aquatint
  • 分類絵画
  • 制作年1904年 - 1904年
  • 製作国スイス
  • 所蔵大英博物館 (イギリス)
  • 種類エッチング
  • 高さ17.2cm
  • 横幅20cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 女性と動物の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。