作品概要

月の劇》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1923年から1923年で、国立版画素描館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《月の劇》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーによって1923年に制作された作品である。

独特の作風の画家

スイス出身、ドイツ国籍を持つ画家、版画家であるパウル・クレーは、もともとドイツの表現主義のグループ、「青騎士」に属していた。その後、戦時期の影響力の大きいドイツの美術学校であるバウハウスで教鞭をとった。しかしながら、クレーの多様な作品体系は、単一の芸術的運動、すなわち「派」に従って分類することはできない。時には幻想的で子供っぽく、あるいは風刺の効いた作品は、ニューヨーク派や他の20世紀の多くの芸術家たちにインスピレーションを与えた。

油彩転写による作品

水彩の緑と茶色がかった黄色い縞の抽象的な構成の上に、比喩的な「油彩の素描」が配置されている。 これは1919年にクレーが開発した特別な転写技術である。クレーは黒い油絵の具で一面を塗った紙や布を用意し、その絵がまだ湿っている間に一枚の紙の上に置いた。そうして裏側からひっかくことにより、油彩による素描を実現した。描かれた線の荘厳な構造と、軽い圧力によって引き起こされた紙または布のランダムな質感は、画面に独特の魅力を与えている。

この生産的な、そして予測不可能性を伴うプロセスの技術は、本作にも使われている。都会の光景は、宇宙からその輝きを受け取り、それからその無限の中にもう一度光を放つ偉大な天体によって支配されている。月の輝きは夢遊病者のバランスを乱し、同時に、彼を存在感のある幻想的な世界へと導いている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名月の劇
  • 英語名Moon play
  • 分類絵画
  • 制作年1923年 - 1923年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵国立版画素描館 (ドイツ)
  • 種類水彩、油彩、紙
  • 高さ50.8cm
  • 横幅39.4cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 月の劇の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。