作品概要

冬の日、正午の少し前》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1922年から1922年で、ブレーメン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《冬の日、正午の少し前》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーによって1922年に制作された油彩画である。ブレーメン美術館に所蔵されている。

油彩転写による作品

この作品は、パウル・クレーがバウハウスで教鞭をとっていた時代の初期に描かれた油彩転写による作品である。これは、1919年にクレーが自身の作品に対する需要の増加を目的として開発した技法であった。黒い油絵具を一面に塗り、それを他の紙などに乗せて裏からひっかくことによって転写をするというものである。これにより、クレーは自分の想像のアイデアを素描で記録し、必要に応じてそれらを転写することができた。

この作品では、子供の絵のように、叙情的な風景や建築を描き出すために使用された線の弱々しさがみられる。

矢印のモチーフと運命

制作の前年、クレーは第一次世界大戦後に多くの芸術家が取り組んでいた「運命」をテーマにした作品を制作していた。本作には、宇宙的なカタストロフィが出現している。燃えるような天体が、家の向こうに低く見える。

塔の時計の矢印のような針は、正午直前という運命の時刻を示している。矢印のモチーフは、1924年まで、クレー作品において作用の方向を示すために使用されたものである。それは必然的な運命のきざしと、魔法の力の象徴となった。しかし後に、クレーは彼の教えにおいて、次のように述べた。

「…シンボル自体は、まだ絵のデザインとはなっていない。この連想的一致を示すしるしは、克服されなければならない。矢印なしで、絵として機能する必要がある」

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名冬の日、正午の少し前
  • 英語名Winter Day, Shortly before Noon
  • 分類絵画
  • 制作年1922年 - 1922年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵ブレーメン美術館 (ドイツ)
  • 種類油彩、紙
  • 高さ29.8cm
  • 横幅45.9cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 冬の日、正午の少し前の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。