作品概要

スーパーチェス》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1937年から1937年で、チューリッヒ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《スーパーチェス》は、スイス出身のドイツ人芸術家、パウル・クレーによって1937年に制作された油彩画である。チューリッヒ美術館に所蔵されている。

バウハウス時代の抽象絵画

パウル・クレーが描いた最初の「スクウェア・ピクチャーズ(正方形の絵)」は、ヴァイマルに設立され、その後デッサウに移転した美術学校、バウハウスにおいて講師として働いている時期に制作された。それらは彼の作品の中でも数少ない、完全に非表象的な作品の一つである。

1937年に描かれた後期のスクウェア・ピクチャーズである本作は、黒、白、グレーのフィールドによって基本パターンが構成されている。補色の赤と青は相手の動きを表しているように見えるが、試合の勝者は明らかである。画面は、赤の「スーパーキング」が相手の最後のピースをぎりぎり落としたところを描いている。

ナチス政権による弾圧

クレーが、作品を通じて1930年代後半の全体主義の台頭への言及を意図していたかどうかは不明である。しかし確かなことは、ナチス政権はクレーの芸術を「退化したもの」であるとし、本作が制作された年にドイツの美術館から100作品以上を没収したということである。1933年という早い時期に、ナチス政権はクレーに教職を放棄することを強制した。クレーはその後、生まれ故郷であるスイスのベルンへと亡命した。亡命後も作品の製作は続けたが、1940年にその地で没した。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名スーパーチェス
  • 英語名Super-Chess
  • 分類絵画
  • 制作年1937年 - 1937年
  • 製作国スイス
  • 所蔵チューリッヒ美術館 (スイス)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ120cm
  • 横幅110cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • スーパーチェスの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。