作品概要

襲われた場所》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1922年から1922年で、パウル・クレー・センターに所蔵されている。

詳細な画像を見る

《襲われた場所》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーによって1922年に制作された水彩画である。スイスのベルンにあるパウル・クレー・センターに所蔵されている。

独特の作風の画家

スイス出身、ドイツ国籍を持つ画家、版画家であるパウル・クレーは、もともとドイツの表現主義のグループ、「青騎士」に属していた。その後、戦時期の影響力の大きいドイツの美術学校であるバウハウスで教鞭をとった。しかしながら、クレーの多様な作品体系は、単一の芸術的運動、すなわち「派」に従って分類することはできない。時には幻想的で子供っぽく、あるいは風刺の効いた作品は、ニューヨーク派や他の20世紀の多くの芸術家たちにインスピレーションを与えた。

キュビスムの影響が見られる作品

クレーがバウハウスで教鞭をとっていた時期の初期に制作されたこの作品は、紫とオレンジのグラデーションを背景にしたあいまいなサインとシンボルを描いている。色の帯状の部分は地平線を暗示しているが、その水平方向の強調は大胆に描かれた矢印によって打ち消されている。この突然の矢印は、道路標識のような普通の雰囲気を醸し出している。色の多くの段階のように、矢印は動きを生み出し、鑑賞者の目を画面中央へと導く。

パブロ・ピカソやジョルジュ・ブラックのようなキュビストからの影響は明らかである。クレーはこれが窓ではなく、一種の抽象的なサインであることを鑑賞者に訴えかけている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名襲われた場所
  • 英語名Affected Place [Betroffener Ort]
  • 分類絵画
  • 制作年1922年 - 1922年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵パウル・クレー・センター (スイス)
  • 種類ペン、鉛筆、水彩、紙
  • 高さ30.7cm
  • 横幅23.1cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 襲われた場所の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。