作品概要

マーヤムスハウゼン》は、画家のパウル・クレーによって制作された作品。制作年は1928年から1928年で、ヒューストン美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《マーヤムスハウゼン》は、スイス出身の芸術家パウル・クレーによって1928年に制作された水彩画である。ヒューストン美術館に所蔵されている。

さまざまな作風を用いた画家

音楽家の家に生まれたパウル・クレーは、熟練したバイオリニストであった。さまざまに迷った後、彼は芸術を勉強することを選んだ。クレーのように、気まぐれで遊び心がある様々なスタイルを用い、主題、媒体をかわるがわる使い分けるような芸術家は稀である。1898年から1901年にかけて、クレーは最初にハインリッヒ・クニルとともにミュンヘンで学び、その後フランツ・フォン・シュトゥックの下で学んだ。

その後クレーは彼の視覚的感覚を養うことになる海外旅行へと出かけた。1914年にチュニジアを訪れた後、彼は色に魅了されるようになった。このことはクレーの成熟したスタイルの支配的な力となった。その後の20年間で彼の絵画は、平坦で半抽象的な構成を作りあげる繊細で夢のような色の調和の習熟を見せた。

色彩のアプローチ

本作のモザイク風の街並みは、彼の理論的な色彩へのアプローチを明らかにするだけでなく、彼の素描家としての技能も表している。クレーは1921年から1931年まで、最も進歩的な芸術とデザインの学校であったバウハウスで教鞭をとっていた。彼は雄弁な作家でもあり、彼の講義、手紙、そして日記――その多くは死後出版された――は、芸術家や芸術理論に対し大きな影響を与えた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家パウル・クレー
  • 作品名マーヤムスハウゼン
  • 英語名Marjamshausen
  • 分類絵画
  • 制作年1928年 - 1928年
  • 製作国ドイツ
  • 所蔵ヒューストン美術館 (アメリカ)
  • 種類水彩、紙
  • 高さ41.7cm
  • 横幅31.3cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • マーヤムスハウゼンの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。