作品概要

コキトル、生命の花》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1938年から1938年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《コキトル、生命の花》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1938年に制作された作品である。

痛みを描いた画家

フリーダ・カーロは、精神的な苦痛をよりよく理解するために、長期にわたる試みにおいて、肉体的な苦痛の視覚的象徴性を用いた。カーロの努力より以前にも、喪失、死、自我といった主題は、男性画家によって比較的よく探求されていたが、まだ女性によってはそこまで詳しく描かれていなかった。実際、カーロは既存の主題を描き出しただけでなく、それを拡張して独自の言語にした。

性的な暗示

フリーダの作品のいくつか、特に静物画には、性的な暗示が含まれている。この静物画は、野生の花コキトルを描いたものである。花は2つの部分から成っている。赤いベルのような部分は膣であり、その上の部分はペニスであろう。絵画のタイトル「コキトル」は、 「花」と言う意味のアステカナワトル語であるが、これは同時に、「繊細さ」を意味する。また、フリーダは長年の恋人の一人であるニコラス・ムライの前で、自分自身をコキトルlと呼んでいた。彼への手紙において、そのように頻繁に署名している。

女性器と花

この作品では、フリーダは自分自身の生殖能力へのこだわりを描いている。野生の花は、女性の生殖器官に似ている。彼女はその類似性を強調するため、真っ赤な色を用いた。

フリーダは、この年の後半に開かれたニューヨークのジュリアン・レヴィ・ギャラリーでの個展に備えてこの作品を描いた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名コキトル、生命の花
  • 英語名Xochitl Flower of Life
  • 分類絵画
  • 制作年1938年 - 1938年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵個人 (メキシコ)
  • 種類油彩
  • 高さ18cm
  • 横幅9.5cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • コキトル、生命の花の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。