作品概要

太陽が沈む風景の中の自画像》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1954年から1954年。

詳細な画像を見る

《太陽が沈む風景の中の自画像》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1954年に制作された作品である。フリーダ自身によって破壊されており、現存していない。

晩年の作品

このあまり知られていない作品は、フリーダ・カーロの晩年の作品の一つである。本作は、彼女の右脚の手術後、ベッドに寝ている時期に、パトロンの1人によって依頼され、1954年初めに描かれた。この自画像であり風景画でもある作品の特徴は、フリーダの顔が大きくしおれたひまわりの中央に位置している点である。本作が完成したとき、彼女は作品に描かれている自身が、もはや今の自分にはないエネルギーと活力を持った姿で描かれていると言い、破壊した。

絵を描く能力の低下

フリーダの人生の最後の数ヶ月間、彼女はアルコールで大量の鎮痛剤を服用しており、それに大きく依存していた。その結果、フリーダの絵を描く能力は、彼女の作品であるとほとんど認識できないほどにまで低下した。この絵ともう一つの作品、同じ頃に描かれた《れんが焼き窯》は、フリーダのかつての巧みな才能の喪失に対する悲しい証となっている。

生き続ける理由

フリーダは、「私は病気ではない。私は壊れている。けれども、絵が描ける限り生きていけることを嬉しく思っている」とコメントしている。絵を描く能力をなくした彼女は、そのまま一直線に死へと向かった。彼女はもはや、生きるために戦い続ける理由を持たなかった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名太陽が沈む風景の中の自画像
  • 英語名Self Portrait in a Landscape with the Sun Going Down
  • 分類絵画
  • 制作年1954年 - 1954年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵不明
  • 種類不明
  • 高さ不明
  • 横幅不明
  • 投稿日
  • 編集者
  • 太陽が沈む風景の中の自画像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。