作品概要

求めたのは飛行機、与えられたのは藁の翼》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1938年から1938年。

詳細な画像を見る

《求めたのは飛行機、与えられたのは藁の翼》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1938年に制作された作品である。

スペイン内戦に関連した作品

1938年、スペインでは内戦の最中であった。ファシストはドイツ空軍に提供された飛行機により、国中に無限の恐怖を引き起こしていた。共和党員は必死に飛行機を手に入れようとしたが、失敗した。フリーダはこの状況を非常に心配しており、共和党員の味方をした。パリにいる間、フリーダは約400人のスペイン人難民をメキシコに避難させるのを手伝った。この作品は、フリーダの状況に対する欲求不満を描いている可能性がある。少女が持っている飛行機は共和党が必要としたそれを象徴している。藁の翼は役に立たない。少女は紐でしっかりと地面に固定されており、無力なままである。

所在は不明

これはフリーダが同年制作したいくつかの小規模な「はがきサイズ」の絵の一つである。この絵は1938年11月にニューヨークのジュリアン・レヴィの画廊で行われたフリーダの最初の個展で発表された。1938年9月、フリーダは彼女の展覧会のための絵を制作中であることを知らせるためにレヴィに手紙を書いている。手紙に添付されていたのは、絵画の2つのリストです。あるリストでは、この絵は「飛行機を持つ少女」と記述されていた。2番目の対応するリストでは、フリーダはこの作品に150ドルという価格を提示している。本作が実際に売れたのかどうかは不明であり、それ以降行方不明である。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名求めたのは飛行機、与えられたのは藁の翼
  • 英語名They Asked for Airplanes But Were Given Straw Wings
  • 分類絵画
  • 制作年1938年 - 1938年
  • 製作国不明
  • 所蔵不明
  • 種類油彩
  • 高さ16.5cm
  • 横幅12cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 求めたのは飛行機、与えられたのは藁の翼の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。