作品概要

自画像・光陰矢の如し》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1929年から1929年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《自画像・光陰矢の如し》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1929年に制作された作品である。

多くの自画像や肖像画を制作した画家

フリーダ・カーロは、メキシコの偉大な芸術家の一人とみなされている。18歳のとき、乗っていたバスと路面電車の衝突事故で重傷を負い、痛みと戦う入院生活において絵を描き始める。1929年に政治活動に参加するようになり、共産党員であった画家のディエゴ・リベラと同年結婚した。妥協のない鮮やかな色を用い、自己のアイデンティティ、人体、死といったテーマに取り組んだ多くの自画像や肖像画で知られている。

フリーダは否定したが、彼女はしばしばシュルレアリストとして認識されていた。フリーダは、精神的な苦痛をよりよく理解するために、肉体的な苦痛の視覚的象徴性を用いた。

結婚したときに描かれた自画像

フリーダ・カーロは、1929年にディエゴ・リベラと結婚したときにこの自画像を描いた。本作は、リベラが好んだ方法でフリーダを描いている。絵画の中で、フリーダは伝統的なメキシコの衣装に身を包んでいる。これは自身の壁画の一部としてディエゴが一貫して利用した様式である。フリーダ・カーロはキャリア全体を通して、この活気に満ちたメキシコ風の色調を使い続けた。

本作は、1920年にニューヨークのサザビーズで500万ドルで競売にかけられた。その記録は、カーロを歴史上最も高額で作品を売却したラテンアメリカの芸術家に押し上げた。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名自画像・光陰矢の如し
  • 英語名Self Portrait Time Flies
  • 分類絵画
  • 制作年1929年 - 1929年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵個人
  • 種類油彩、メゾナイト
  • 高さ77.5cm
  • 横幅61cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 自画像・光陰矢の如しの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。