作品概要

テワカンの少女ルチャ・マリアの肖像》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1942年から1942年で、個人に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《テワカンの少女ルチャ・マリアの肖像》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1942年に制作された作品である。

死などをテーマにした多くの自画像

フリーダ・カーロは、メキシコの偉大な芸術家の一人とみなされている。18歳のとき、乗っていたバスと路面電車の衝突事故で重傷を負い、痛みと戦う入院生活において絵を描き始める。1929年に政治活動に参加するようになり、共産党員であった画家のディエゴ・リベラと1929年に結婚した。妥協のない鮮やかな色を用い、自己のアイデンティティ、人体、死といったテーマに取り組んだ多くの自画像や肖像画で知られている。フリーダは否定したが、彼女はしばしばシュルレアリストとして認識されていた。カーロはまた、精神的な苦痛をよりよく理解するために、肉体的な苦痛の視覚的象徴性を用いて作品を描いた。

昼と夜にまたがる砂漠の少女

この作品では、フリーダは砂漠で迷ったような無垢でかわいらしい少女を描いている。この肖像画の背景は、昼と夜に分かれている。これは、フリーダが他のいくつかの作品でよく使用していた一般的な背景である。左側には月があり、その下にはテオティワカンの月のピラミッドがある。右側には太陽があり、そちらにはテオティワカンの太陽のピラミッドが描かれている。

少女は肩にショールをはおっている。その姿からは、太陽の光がそれほどあたたかくはないという印象を受ける。彼女の手には、第二次世界大戦の象徴である軍用機の模造品がある。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名テワカンの少女ルチャ・マリアの肖像
  • 英語名Portrait of Lucha Maria, A Girl from Tehuacan
  • 分類絵画
  • 制作年1942年 - 1942年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵個人 (メキシコ)
  • 種類油彩、メゾナイト
  • 高さ54.6cm
  • 横幅43.2cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • テワカンの少女ルチャ・マリアの肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。