作品概要

スイカのある静物》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1953年から1953年で、近代美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《スイカのある静物》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1953年に制作された作品である。メキシコの近代美術館に所蔵されている。

痛みを描いた画家

フリーダ・カーロは、精神的な苦痛をよりよく理解するために、長期にわたる試みにおいて、肉体的な苦痛の視覚的象徴性を用いた。カーロの努力より以前にも、喪失、死、自我といった主題は、男性画家によって比較的よく探求されていたが、まだ女性によってはそこまで詳しく描かれていなかった。

個展を開いた年の作品

フリーダ・カーロは、間違いなく世界で最も人気のあるメキシコの画家の一人である。フリーダの人間的で美的な側面の複雑さと豊かさは、彼女を普遍的なシンボルへと変えた。1925年、フリーダはフェルナンド・フェルナンデスの彫刻アトリエで、正式な芸術トレーニングを始めた。1953年頃、彼女は写真家ローラ・アルバレジ・ブラボーが所有する現代美術画廊において、彼女の生涯で唯一の個展を開催した。同じ年、彼女はこの《スイカのある静物》を描いた。

フリーダらしい鮮やかな色調

静物画というジャンルは、17世紀に確立されたものである。この絵では、落ち着いたバロック様式の色調は、フリーダ作品に典型的な鮮やかな色に置き換えられている。濃く均一な筆づかいは、オレンジの単純さと比較して、カットフルーツの果肉と新鮮さを際立たせている。大きさ、質感、形が異なるため、果物はバラバラに描かれているが、バランスが取れており、多肉的な印象を与えている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名スイカのある静物
  • 英語名Still Life with Watermelons
  • 分類絵画
  • 制作年1953年 - 1953年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵近代美術館 (メキシコ)
  • 種類油彩
  • 高さ40cm
  • 横幅60cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • スイカのある静物の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。