作品概要

生命の花》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1943年から1943年で、ドローレス・オルメド・パティニョ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《生命の花》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1944年に制作された作品である。ドローレス・オルメド・パティニョ美術館に所蔵されている。

マンドラゴラの子宮

フリーダにとって、花はセクシュアリティと感情を意味している。フリーダはいつも、自身の作品を通して彼女のセクシュアリティを暗示していた。これ以前に描かれた作品《地上の果実》(1938年)のように、性的な言及はそれほど明白ではないこともあるが、それ以外の作品においては、本作のように重要な位置を占めている。ここでフリーダは、男性器および女性器として爆弾のようなマンドラゴラを描いている。マンドラゴラは、その形が男性器を彷彿とさせることから、多産の象徴ととらえられてきた。太陽が命を生み出すように、精子は男根のおしべや膣のような葉から芽を出し、胎児を作り出す子宮を構成している。

受精の象徴的表現

本作においてフリーダは、出産ということへのこだわりを表した。同じ色の葉の間に現れる赤い花は、性交の瞬間の男性器と女性器を表現することに他ならない。内部の爆発は、花の中心から湧き出る精子の飛沫を投影している。左側には場面に強度を加える稲妻が、右側には受精卵の象徴として解釈される太陽が描かれている。

この作品は1944年と制作年があるにもかかわらず、実際に描かれたのは1943年であった。その際のタイトルは「火花」であった。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名生命の花
  • 英語名The Flower of Life
  • 分類絵画
  • 制作年1943年 - 1943年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵ドローレス・オルメド・パティニョ美術館 (メキシコ)
  • 種類油彩、メゾナイト
  • 高さ27.8cm
  • 横幅19.7cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 生命の花の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。