作品概要

アリシア・ガラントの肖像》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1927年から1927年で、ドローレス・オルメド・パティニョ美術館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

フリーダの初期作品

1925年のバス事故の後、フリーダ・カーロは長い間ベッドで過ごさなければならなかった。気晴らしのため、そして回復期をより耐えられるものにするために、フリーダの母親は彼女に一箱の絵の具と携帯用のイーゼルを渡した。こうしてフリーダが最初に絵を描き始めたとき、彼女は親しい友人や家族の多くの肖像画を描いた。この作品はそれらの一つであり、コヨアカンに住んでいた友人のアリシア・ガラントを描いたものである。

様式

この絵は16世紀のイタリア・ルネサンスの肖像画様式で描かれている。フリーダは、レオナルド・ダ・ヴィンチとカラヴァッジョを賞賛しており、この肖像画は彼らの様式に従っていた。本作はまた、女性が貴族のようなポーズをとっていて、背景が暗いという、ブロンズィーノの作品《エレオノーラ・ディ・トレド》にインスパイアされた可能性もある。この絵は当時流行していたアールヌーボーの兆候を示してもいる。

画家としての最初の作品

濃い色調が肖像画の中で優位を占めているため、内部空間がどこで終わり、外部空間がどこから始まるのかを判断するのは困難となっている。肖像画の中の光は、モデルの顔から発している。モデルは、視線を鑑賞者から遠ざけている。目に見えない窓を通して、植物と2つの星が空に輝く夜の風景を見ることができる。絵の裏には、「私の最初の作品、フリーダ・カーロ、1927」と、フリーダが自分自身を画家として認める碑文が書かれている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名アリシア・ガラントの肖像
  • 英語名Portrait of Alicia Galant
  • 分類絵画
  • 制作年1927年 - 1927年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵ドローレス・オルメド・パティニョ美術館 (メキシコ)
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ107cm
  • 横幅93cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • アリシア・ガラントの肖像の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。