作品概要

人生万歳》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1954年から1954年で、フリーダ・カーロ博物館に所蔵されている。

詳細な画像を見る

《人生万歳(Viva la Vida)》は、メキシコの女性画家フリーダ・カーロによって1954年に制作された作品である。フリーダ・カーロ博物館に所蔵されている。

フリーダ最後の作品

フリーダ・カーロは18歳のとき、乗っていたバスと路面電車の衝突事故で重傷を負い、痛みと戦う病院生活の中で絵を描き始めた。その後、自画像を中心に数多くの作品を制作した。

フリーダ・カーロが描いた最後の作品である《人生万歳》は、非常に重要な作品である。健康状態の悪化にもかかわらず、この作品のタイトルは生命に対するオマージュとなっている。スイカの鮮やかな赤色と、彼女が亡くなる8日前に記したフレーズのために、果物とそれらが描かれた技法は、刺激的なものとなっている。

死に対する肯定

彼女は死の少し前、日記の中で、「私は出口が楽しいことを願っている。そして私は絶対に戻らないことを願っている」と書いている。感情表現の複雑さと単純さの両方において、本作《人生万歳》は、死の恐れを象徴するものでも、絶望的に彼女自身の人生の継続を切望するものでもない。フリーダが創造した文脈では、死は地上の野と障害を超える自然な道となる。この概念は、フリーダが作り上げた芸術について考えると理にかなったものとなる。彼女が描いてきた作品は、壮観な色と光で照らす方法で肉体的な弱さを描き出そうとしたものである場合がほとんどだったからである。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名人生万歳
  • 英語名Viva la Vida
  • 分類絵画
  • 制作年1954年 - 1954年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵フリーダ・カーロ博物館 (メキシコ)
  • 種類油彩、メゾナイト
  • 高さ59.5cm
  • 横幅50.8cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 人生万歳の感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。