作品概要

傷ついたテーブル》は、画家のフリーダ・カーロによって制作された作品。制作年は1939年から1940年。

詳細な画像を見る

行方不明の作品

1939年の終わりから1940年の初めにかけて描かれたこの作品は、画家が旧ソビエト連邦に寄贈した後、行方不明となったものである。

1939年12月に、フリーダとディエゴ・リベラは離婚した。フリーダは彼女の絶望と孤独の表現としてこの絵に取り組み始めた。《二人のフリーダ》でテワナ衣装のスカートに血が滴り落ちていたように、本作でもテーブルに血が滴り落ちている。

これは彼女が描いた唯一の大きいサイズの作品である。写真家ニコラス・ムライへの手紙の中で、フリーダは「地獄のように働く」と書いており、実際彼女は1月17日の「国際シュルレアリスム展覧会」の締め切りに間に合うように本作を仕上げた。本作はその展覧会で、サルバドール・ダリの《記憶の固執》、ルネ・マグリットの《イメージの裏切り》などとともに展示された。

壊れた家族

この絵では、テーブルに人間の足が生えており、その表面からは出血している。このテーブルは、フリーダの離婚による壊れた家族感覚の象徴である。テーブルの周りにはいくつかの物体がある。中心にいるのはフリーダ自身であり、付随するすべての物に囲まれている。片側に彼女の妹クリスティーナの2人の子供たちがいるが、これは彼女自身が子供を持ちたかったという欲求の反映である。反対側には、彼女のお気に入りのペットたちがおり、彼女は子供の代わりとしてそれらを見ていた。

フリーダ女のすぐ隣に座っているのはナヤリット人形であるす。背の高い骸骨の姿は、裏切りの役割を果たすディエゴ・リベラであると解釈されている。

作品をもっと見る

基本情報・編集情報

  • 画家フリーダ・カーロ
  • 作品名傷ついたテーブル
  • 英語名The Wounded Table
  • 分類絵画
  • 制作年1939年 - 1940年
  • 製作国メキシコ
  • 所蔵不明
  • 種類油彩、キャンバス
  • 高さ122cm
  • 横幅244cm
  • 投稿日
  • 編集者
  • 傷ついたテーブルの感想を書き込む

    こちらで、ぜひ本作品の感想やエピソードを教えてください。作品に関する質問もお気軽にどうぞ。